FC2ブログ

【第2回激安オフ使用構築】 ポケノベルス 【結論は・・・】

未分類
09 /13 2015
みなさんこんにちは。へちまです。

今日は昨日(2015年9月12日土曜日)行われた第2回激安オフの構築について書いていきたいと思います。
今回の構築は3か月以上温めてきた構築(使う機会がなかっただけ)です。

パーティーはこんな感じです。

n38.gifn542.gif
n642 (1)ガブリアス
ゲンガーn184.gif

5世代環境での第1回激安オフではキュウコンドレディアという構築で予選抜けをしたいいイメージがあるので、第2回でもキュウコン入りを使いたいと思っていたのでちょうどいいと思って使いました。

第1回の記事はさかのぼればあると思います。

ご覧のとおりキュウコンハハコモリという構築です。

キュウコンの特性で天候を晴れにして葉緑素で上から殴るシンプルでわかりやすい構築です。

対戦相手の多くがハハコモリというポケモンを見て誰だこいつ?って顔をされますが、ちゃんと図鑑に存在するポケモンです。

さて、前置きが長くなりましたが、個別解説に入りたいと思います。


1.キュウコン 

実数値:159-x-98-130-120-156
性格:臆病
特性:日照り
持ち物:命の珠
技構成:大文字 ソラビ めざ地面 悪巧み

普通の悪巧み珠キュウコンです。しかし当初の予定では控え目にしようと思っていました。

ではなぜ臆病なのかというと、答えは簡単です。

努力値を振りレベルを上げ終わってから性格が臆病であるということに気付いたからです。

晴れATを繰り出すための脱出ボタン等のアイテムではなく自分でも居座って殴れるような型になっています。

受けループなんかにも強いと噂です。

では次いきましょう。


2.ハハコモリ 

実数値:151-155-100-x-100-158
性格:陽気
特性:防塵
持ち物:気合の襷
技構成:ねばねばネット 草笛 リフブレ シザクロ

このポケモンを見て思うことはいろいろあると思います。

まず、葉緑素じゃない。

そして実数値を見て火力ないのはなんとなく想像ついてたけど思った以上に遅い。

そしてねばねばネットってなんだ。

こんなところじゃないでしょうか。

僕も最初はこいつ意外と遅いなってところから始まりました。

そして実戦の中で使った感覚を先に言ってしまうと。案外1発は攻撃を耐えるのでもしかしたら襷はいらなかったんじゃないかってこと。

そしてもう1つがシザクロを打つ場面が皆無で叩き落とすを採用したかったということです。

構築を組むにあたってねばねばネットを探してたらこのポケモンに行きつきました。

ねばねばネットで有名なポケモンとしてデンチュラやツボツボが代表的ですが、これらのポケモンではあまりに露骨すぎると思いハハコモリを採用しました。

しかし、ハハコモリを単体で採用すれば何かあるだろうというのがこれまた露骨すぎるのでこいつのもともとの特性である葉緑素から晴れパに偽装するに至りました。

単体でいきなりハハコモリを出したときの対戦相手の顔がどれもこいつは気が狂ったのかという顔だったのがとても印象深いですね。

なんか面白みもない真面目なことばかり書いていますが、まじめに採用したのでまじめです。

追記:ねばねばネットは進化前のクルミルがレベル31で覚えます(クルマユ・ハハコモリでは覚えません)また、草笛は進化前のクルマユの基本技でクルミルおよびハハコモリは覚えません。

あと一言いうと、構築名はがんばれねば ねばねばネットってことで付けました。

次いきます。


3.化身ボルトロス

実数値:167-x-98-155-102-179
性格:臆病
特性:いたずら心
持ち物:オボンの実
技構成:10万ボルト めざ氷 悪巧み 電磁波

HBボルトやHSボルトではやはり火力が足りないだろうということでギリギリの耐久調整を施し火力に回したオボン悪巧みボルトです。

5世代のころはただの電磁波撒き撒きおじさんだった彼も今ではいろいろな型がありとても面白いポケモンへと変遷をたどっています。

ちなみにこの努力値配分は5世代の頃の帯ボルト(当時は馬鹿力を採用していた)をそのまま流用しています。

この個体の採用意図としては、まずガブリアスの上からめざ氷を叩き込みたかったというものがあります。

もし悪巧みボルトを使うなら霊獣ボルトでいいじゃんという方がいらっしゃるのであれば化身でなければならない理由を説明しましょう。

もしネットに引っかかっていればそれがたとえスカーフを巻いていたとしても上から叩き込むことができます。

これが霊獣ボルトロスとの1番の差別化ポイントであると思います。

ちなみにガブの陽気エッジはたしか耐えるような調整だったはずです。(あんまり覚えてない)

極力上から殴れる環境にしたかったのでこのようなポケモンを用意しました。

また、ハハコモリだけでは心もとない部分が多いので、本来の麻痺撒きという役割も同時にこなしてもらわなければなりません。

これも霊獣ボルトにはできない仕事です。

次です。


4.ガブリアス

実数値:189-170-122-x-106-169
メガ後:189-210-142-x-116-158
性格:陽気
特性:サメ肌→砂の力
持ち物:メガ石
技構成:逆鱗 地震 身代わり 剣舞

もともと命の珠を持たせて使っていた個体を流用しました。

Sが下がるのであれば素で火力のあるメガガブリアスの力を生かせるのではないか、これはおそらくメガガブリアス解禁初期に誰もが考えたことでしょうが、今だからこそ刺さるのではないかと思い用意しました。

耐久値も申し分ないので、もっと使ってみたいと思わせるポケモンでした。

いっそ意地っ張りにして耐久を厚めにして運用した方が面白いかもしれません。

次でもちょっと語ります。

というわけで次。


5.ゲンガー

実数値:159-x-82-198-97-138
メガ後:159-x-102-242-117-158
性格:控え目
特性:浮遊→影ふみ
持ち物:メガ石
技構成:催眠術 祟り目 ヘドロ爆弾 気合玉

一度控え目HCベースのメガゲンガーを使ってみたかったのです。

それもあってねばねばネットという技を覚えるポケモンを探したわけですが。

超火力から相手を蹂躙したいと誰もが一度は思うことだとは思いますが、たしかにそれはよかったのですが、このポケモンに関してはもう1つ言わなければならないことがあります。

HCではなくCSのほうがおすすめです。

というのも、ボルトロスを出せない時にスカーフガブリアスと対面した場合、上をとられてしまうということです。

最低限ガブリアスのS実数値169を抜く必要があります。

これは控え目CSで可能な数値ですので、ここを目途に振るのがベストだと感じました。

たしかに、耐えたい攻撃を耐えて返しの一撃を放つことができますが、そもそもS操作をするので耐える云々関係なく相手を上からたたくことが1つ重要です。

このポケモンはハハコモリのネットおよび草笛で相手を眠らせた状態で出すことが多いです。

つまりいきなり祟り目を相手に放り込むことができます。

そういう点ではとても優れたポケモンです。

1体を持って行った上でさらに上から催眠祟り目を放り込む機会を増やすためのネットだと考えてください。

次行きます。


6.マリルリ 

実数値:175-112-100-x-101-102
性格:意地っ張り
特性:力持ち
持ち物:ラムの実
技構成:腹太鼓 アクジェ じゃれつく 叩き落とす

ねばねばネットを撒くことで何が起こるか。

S102というラインを単純1.5倍すると153です。つまり最速86族や準速100族を抜くことができます。

代表的なポケモンで言うとダゲキ(85族)やメガガルーラ(100族)です。

太鼓が叩けていたならば不意打ちをすかしながら上からアクジェを打ったりそもそも上からじゃれつくことができます。

ボルトロスがオボンを持った関係でラムを持たせていますが、電磁波や鬼火等状態異常技を打たれるケースの多いポケモンなので、相性はとてもいいです。

ただ、これは実戦の中でわかったことですが太鼓アクジェではHBボルトロスを落とせないらしいです。

ですので雫プレートなどを持たせてみるのもありかなと思いました。

これに気付かせてくれただけでも大きな収穫です。


以上で今回の構築の解説?は終わりです。


以下はちょっとしたオフレポです。

前回の背伸びオフに続きあみんさんと同じブロックでした。

あみんさんは前回全勝でブロックを勝ち上がった強者ですのでちょっとげんなりしていました。

午前2-0と好調で昼飯に移ったのですが、午後に入りさっそく1敗。

なんとか次の試合を勝つことができその時点で3勝1敗と予選抜けの可能性を残したところでなんと・・・

あみんさんも3勝1敗という勝った方が予選抜けという場面であみんさんと戦わなくいけなくなりげんなりしました(2回目)

結果は負けましたね。

だから身内戦は嫌なんだよ!!

BV鑑賞枠でもとってぐちってもいいですかね??

とまあそんなこんなであみんさんがそのまま優勝してくれたので僕はとてもうれしいです。

第2回激安オフも楽しかったですので是非第3回に期待したいですね。2年後ぐらいでしょうか?

最後になりますが、オフの運営スタッフそして参加者対戦してくれた方々ありがとうございました。

とても楽しかったです。

では、失礼いたします。


あでゅー








あっちなみに僕はラブライバーじゃないです。 終
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@へちま

FC2ブログへようこそ!