FC2ブログ

ここからのセリーグの行方を語る

未分類
04 /13 2015
希望的観測を含めて書いていきたいと思う。

まず現状首位の横浜DeNAベイスターズ。

野手の戦力はかなり整っていて破壊力がすごい。グリエルが来日しないことで夏までに外国人の補強があるかもしれない。

ロペス・バルディリス・ゴメス・・・?+1と非常に協力なメンツである。

筒香の覚醒が続けば悲願のAクラス入りもできそう。

多村白崎等困った時に出てくる存在も大きい。

問題は投手陣。まず三上大原そして岡島や尚成(あと東野)といったベテランが戻ってくるまで今のメンバーで回しきれるとは思えないので不安要素。

うまく機能しだせばもしかしたら止まらないかもしれない?

高崎国吉をはじめとする毎年期待されつつもピリっとしない連中に対して珍しく当たりドラ1の山崎康が明るい材料。

今年こそはと期待するベイファンは多いだろうが、ベイファンでなくても今年は期待が持てる。


次現状DeNAと同率首位の中日

中日はなぜこの順位にいるのか正直わからない。

守備はぼろぼろ投手陣も粘り切れていない。まだ悪い中日を引きずっている。

ただ唯一希望が持てるのは地元のナゴヤドームで勝っていること。

投げているボールを見れば岡田が良い時に戻っている。浅尾田島もある程度今年は計算ができるレベルにまで復調してきた。

又吉福谷が去年同様の働きをするのが最低条件だが幸先は悪い?

野手陣は毎年安定した成績を残しているルナを筆頭にエルナンデスとナニータの3D(ドミニカ3人衆)がここまでは好調。

若手も福田をはじめ調子が良い

しかし研究されてバッティングを崩される可能性も高く楽観視はできない。

怪我人の和田岩瀬森野がどのタイミングで戻ってくるのか、はたまた戻ってこれないのかによって終盤の戦いに影響ができることは必至。

一番の課題でもある捕手を固定できれば勝ちの目はある。



現状3位のヤクルト

ヤクルトほどイメージチェンジしたチームもないだろう。

セ界の火薬庫が今や核爆弾なのか?その存在が相手への抑止力となり相手を黙らせている。

その代りヤクルト自身も黙りこけるというわけのわからない状況。

しばらくこの戦い方ができたとしても交流戦あたりでボロがでて一気に順位を落としそう。

上2チームほどヤクルトについて詳しくないので特に書くことが思い当たらない。

しいて書くとすれば、Bクラスに収束しそうということだけである。



次巨人

アンチ巨人なので6位になればいいと思う。終わり。


次阪神

結局鳥谷が3番に戻ったのでそのまま3番にしておけばいいだろう。

あの監督は時々何を考えているのかわからないのでこのチームに関してはなんとも言いづらいものがある。

去年好調だった選手が今年も同じように活躍できれば上に行けるチームであることは間違いない。

正直書くのに疲れてきた。


最後広島

黒田の復帰で湧いているが、新井の復帰(?)も忘れてはいけないだろう。

両選手の復帰でチームの雰囲気が引き締まったように見受けられる。

しかし去年チームを引っ張った菊池と丸の調子が上がり切っていない。そしてエルドレッドも怪我で欠いている。

今のチーム状態はおそらく最低に近い状態。まだシーズンがはじまったばかりである。浮上するきっかけさえつかめれば今年もAクラス争いに加わることは間違いないだろう。

中継ぎ陣ももう一度整備しなおしてチームの立て直しに期待したい。


ここで総括をかねてオールスター前までの順位予想。

1.横浜
2.巨人
3.中日
4.阪神
5.広島
6.ヤク

まだ勢いを持続して横浜が交流戦でも安定した成績を残して首位、交流戦で巨人が調子よく一時首位に立つもリーグ戦再開後3連敗などあり2位に収束。
3位中日は交流戦を五分で終わりトントン。阪神と広島はきっかけをつかみきれずにこの順位に甘んじるが夏以降に希望も見える。ヤクルトは残念ながら交流戦で自爆。

こんな感じでどうでしょうか?

わりと
適当です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@へちま

FC2ブログへようこそ!