FC2ブログ

関西シングルFESTA 第5試合~第8試合

オフ
07 /02 2013
前回記事に引き続きです。

この時点で2敗しているので、これ以上は負けられない戦いが続きます。

第5試合 VSキツネさん

この試合はなんとも言えない試合になりました。

お相手のパーティーは「バンギラス・ローブシン・ラティオス・ハッサム・化身ボルト・スイクン」です。

初手対面はこちらも相手もボルトロスです。これは不穏な空気がぷんぷんしますね・・・

まずこちらのボルトが電磁波を打ち込みます。運のいいことに相手のボルトはしびれます。

2手目は目覚めるパワー氷を打ち込みます。相手はしびれます。この時相手が攻撃技を選択しているところを見ると、1手目の電磁波を先制で打てたのはラッキーではなく、単に相手が攻撃技を選択していたからではないかと思います。

そして、相手のボルトロスは死に際の電磁波を放ったのでしょうが、しびれます。うーん・・・これはラキーですが、少し申し訳ない気持ちになりますね・・・が、勝負は勝負めざパでとどめを刺していきましょう。

さて相手のボルトを無傷で突破できたのは非常においしいです。

相手の2体目はローブシンです。こちらはとりあえず10万をつっぱしますが当然落ちません。

相手のブシンの冷パンでマッパ圏内に入ってしまいました。

次のターンはマッパを読んでウインディに交代してローブを受けに行きます。

ローブのドレパンじゃ半分もくらわないので、火炎放射を連打していきます。

火炎放射を受けにきたバンギラスに火傷が入ってしまいました・・・運ゲ運ゲでぼろぼろにしてしまいました。

さて、ここで全試合分の運を使い果たしてしまった気がします。

さあ次の試合いきましょう。

第6試合 VS内定ゲッター(ヒデキ)さん

お相手のパーティーは「ガブリアス・クレセリア・スイクン・バンギラス・霊獣ボルト・ローブシン」でした。

こちらは初手エンペルトを選出しました。これは相手の初手霊獣ボルトの攻撃をソクノで耐えて雪崩を放り込もうと思ってました。

実際の選出もこちらの予想通り霊獣ボルトでした。しかし相手の霊獣ボルトの電磁波は読めませんでした。

先ほどの運がたたって痺れます。

次のターンの10万をソクノで耐えますが、またしても痺れます・・・これは・・・???

死に際のアクジェを打ちますがしびれました!!自分のやらかした所業をそっくりそのままやられ返しました。

えっと・・・もうぼっこぼこにされました。以上です。5ターンで終わりました。

これで3敗目なので決勝リーグ進出は非常に厳しい状況になってしまいました。

第7試合 VSもうふさん

3敗でもOppの関係でわずかに決勝に進める可能性があるので、まだがんばっていきます。

さて、お相手のパーティーは「カバルドン・ドリュウズ・カイリュー・ウルガモス・ボルトロス・スイクン」でした。

再三にわたるボルトミラー。

再びこちらの初手は電磁波を打ちます。先ほどの不運とは変わって今度は相手の痺れを引くことに成功します。

そして2打目は相手のボルトが電磁波をうち、こちらのボルトはめざパ氷を選択。

お互い動くことに成功し、3打目は同速ゲーとなります。

ここの同速ゲーを制して相手のボルトロスを突破することに成功します。

相手は死にだしでカイリューを繰り出し神速を打ってきました。これを耐えて一発めざ氷を放り込みます。

ここでボルトロスをひっこめてエンペルトを出します。

ここでこちらは岩雪崩を選択しました。相手はおそらく冷ビを読んでの交代だったのでしょう。

ウルガモスが出てきたところに岩雪崩が突き刺さりました。

後はカイリューの炎パンをたえて岩雪崩→アクジェで突破して最低限5分を確保しました。

さあ残すところもあと1戦。

5分で終わるか勝ち越しで終わるかの分かれ道の第8戦!

第8試合 VSてのりさん

このオフで一番戦ってみたかった人の一人ですね。

お相手のパーティーは「バンギラス・エアームド・パルシェン・ウルガモス・ボルトロス・キノガッサ」でした。

4度目の初手対面となりました。

ボルトロスVSボルトロス

こちらのボルトロスが同速ゲーに勝てるのか相手が攻撃技を選択しているのか・・・

こちらのボルトロスの電磁波がささり、相手のボルトはしびれます。

次のターンは相手のボルトの電磁波がささります。しかし、こちらは攻撃をすることに成功しめざパ氷を打ち込みます。

ここで、ボルトは10万を選択し、相手のボルトはバンギに交換しました。

技選択は完璧に読まれていましたが、ここはこれしかありません。

しかしこの10万でバンギが麻痺します。これにより相手のバンギのラムが発動し持ち物を見ることが成功します。

次のターンボルトで馬鹿力を打ってバンギを落としてもいいですが、ここは電磁波を打って後ろの起点にしようとしました。

電磁波を打ってバンギのエッジで突破されます。

ここでエンペルトを出して剣の舞を積んでいきます。けたぐりでは落ちません

ここで物理型であることを見せたことでバンギをひっこめてボルト捨てにきました。

これはパルの襷を残して殻やぶからどかーんということを狙ってのことでしょう。

てのりさんの物理エンペルトは地震やドリくちのイメージはあったようですが、岩雪崩のイメージはなかったようです。

パルシェンの殻やぶに対して雪崩で突破していきます。

そしてラス1のバンギラスに対してアクジェを打っていきます(落ちませんがHPは赤ラインです)

そして、ウインディで火炎放射をうって落ちませんでしたw

が、麻痺りました。なんというかエッジ急所わんちゃんさえも許さない電磁波は強いと思いました。

最後はもう一度放射を打って試合終了です。

ここまで8戦の紹介をしてきましたが、コンセプトの電磁波起点を読まれた試合は見事に敗れたこと。そして、運の要素が少なからずかかわってくる麻痺は強くもありもろくもあるという事がわからされました。

ウルガモスを見るためだけに用意した岩雪崩もちの物理エンペは以外なところにささっていました。

物理受けのウインディはやはり信頼しているだけの活躍は見せてくれました。

5勝3敗で予選落ちしましたが、自分なりにうまく回せたかなと思っています。ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

@へちま

FC2ブログへようこそ!