FC2ブログ

【第35回シングル厨使用構築】老害陰キャナットブル

未分類
10 /23 2018
どうもこんばんは、へちまです。

今日は平成30年10月21日の日曜日に行われました第35回シングル厨のつどいオフに参加してきましたので、簡単な構築記事みたいなやつを書きます。

個人的なメモみたいなものなので適当に見ていただければと思います。

今回の使用構築はへちま史上最高にKPの高い構築になりました。

こちらです。

8NDgnQ7lOT.png


なんというか、面白みに欠けます。

つか、画像ちっちゃくね?

今回このような構築になってしまった背景は、このUSUMの時代に「ブルルドヒドイデ」という陰キャ構築の存在がポケモン界でイキっていると耳にし、元祖陰キャと名高い「ナットブル」人によっては「ナットゲル」のお二人の存在を改めて使ってみたいと思ったことです。

ちなみにブルンゲルのKPは1でした。面目躍如。

このブルンゲルというポケモン、登場当初はその見た目を不気味がられていましたが、世代を経るにつれ、とても愛らしい見た目になっています。

ということで、今回はブルンゲルのみちょろっと書いて、あとは適当に流します。

○ブルンゲル

実数値:191(124)-x-94(28)-150(252)-127(12)-92(92)
性格:控え目
特性:貯水
持ち物:水Z
技構成:潮吹き 熱湯 冷凍ビーム 挑発

火力が欲しいためC特化。挑発を採用するため、Sを4振り70族抜きまで振り残りを耐久に振り分けました。

C特化潮吹きの大まかな威力はよくいるHBD212-171-110カバルドンに対して110.3%~130.1%(HD特化カバに対しては86.5%~103.2%)というなかなかの威力がある。

本当はもっとカバを誘って初手で粉砕する構築にしたかったが、なかなかカバが出しづらいのか対面しなかった。

ブルンゲルはHBじゃないとランドの叩きで半分以上入ってしまうので、実はランドに対して安定しないのがネックだった。逆に言えばそこを誘って2手目にメガマンダなどを繰り出せたのが強かったりもする。

水Zを採用することで、HPが減り潮吹きの威力が下がったところでもう1度威力200のタイプ一致水技を放り込めるのがかなり強力で、冷ビなどの後出しから悠長に待ってくるメガリザードンなどは簡単に消し飛んだ。

ちなみにダメージ計算は以下

C150ブルンゲル威力200水Z→D無振りメガリザードンX ダメージ160~190

オフでもこれで勝った試合がある。

読まれづらくて強い。なかなかに気持ちの良いポケモンだった。


以下はその他

カバルドン@ピンチベリー 慎重HD
地震 氷牙 ステロ 吹き飛ばし
アーゴヨンが重いので、アゴがいる場合初手に出す。竜Z耐えて地震で殺す


マンダ@メガ 意地っ張りなんか調整
八つ当たり 竜舞 身代わり 羽
なんかいろいろ調整したやつをぱくった

コケコ@珠 臆病HCS
10万 マジシャ めざ炎 瞑想
めざ炎粘るのに1週間かかったのに1回しか打たなかった。
ブロックにカミツルギ4体いたのに電気Zで死ぬからという理由なのか全く刺さらなかった

ミミッキュ@霊Z 陽気AS
シャドクロ 影うち じゃれ付く 剣舞
霊タイプが重いのでミミZじゃなくて霊Z

ナットレイ@ピンチベリー 生意気なんか調整
ジャイロ 種ガン 剣舞 寄生木
昔つかったやつの流用。陰キャなのに剣舞するイキったやつ

結果は3連勝から7連敗して終了

序盤元気マンすぎて辛かった。

ただ、オフ自体は楽しかったので、本当にスタッフの皆さんと対戦してくれた人には感謝感謝です。

ありがとうございました。

それではみなさん、あでゅー

スポンサーサイト

【第20回あいおふ使用構築】おくびょうなかたつむり

未分類
09 /16 2018
こんにちはへちまです。今回は9月15日(土)に行われた第20回あいおふに参加させていただいたので、使用構築をいつも通りメモ程度に書いていきたいと思います。

今回の構築を作るにあたって、なんとなくオムスターを使いたいと思って組み始めました。

そこからなんやかんやして構築の完成です。

5iuMOlFkfJ.png


見ての通り雨雨雨晴れ晴れ晴れです。

純雨+晴れ、ステロラグからのオムリザXの積展開、ちょっとひねってサンパワーリザ

いろいろやりたいことが出来るように見えます。

ただいろいろ考えさせたあげく素直な並びにしました。


1.ペリッパー

実数値:167(252)-73(20)-127(52)-132(36)-109(148)-65
性格:冷静
特性:雨降らし
持ち物:湿った岩
技構成:熱湯 暴風 とんぼ返り 電光石化

Sを無振りカバに抜かれるラインまで落として雨を降らせて下からとんぼする型になってます。

Bはメガルカリオのインファを2発耐えるぐらい。DはC200テテフのサイキネを耐えるぐらいです。

オフ直前に追い風→電光石化に変更したが、打つ機会は電光石火の方があったように思われる。

持ち物はラムにするか岩にするか悩んだが、一長一短あり。


2.オムスター

実数値:147(12)-x-145-167(252)-90-116(244)
性格:臆病
特性:すいすい
持ち物:水Z
技構成:ハイドロポンプ 原始の力 冷凍ビーム 殻を破る

雨下のアタッカーとしてもそうだが、単体でも殻さえ破れれば抜き性能は相当高いと考え採用。

かたつむりを使いたかった理由はもう1つあるが、それは本当に気まぐれな理由なので記載はしない。

雨下でZ技とメガポケモンを同時に使えたらパワーあるパーティーになるなと考え水Zで運用。

殻を破ることを考え気合の襷でもよかったが、ハイドロポンプに頼った場合の命中不安が気になったこともありZで良かったと思っている。


3.ラグラージ

実数値:191(124)-148(36)-111(4)-x-122(92)-112(252)
メガ後:191-192-131-x-142-122
性格:意地っ張り
特性:激流→すいすい
持ち物:ラグナイト
技構成:地震 冷凍パンチ グロウパンチ ステルスロック

滝登りを切るという思い切った選択をし、ステロとグンチを両立するよくばりな型にしてみた。

素の状態でもそれなり動く機会があると考え微妙な耐久調整を施しました。

B方面は意地マンダの捨て身を素の状態でも耐えます。これぐらい振るとミミッキュのぽかぼか+影うちもメガってれば確定で耐えます。

D方面はメガ状態でテテフの眼鏡サイキネが耐えるぐらい、素の状態でアーゴヨンの流星Zを耐えます。

メガ進化しても相手を確実に1発で葬る火力は無いと思っているので、火力を削っても問題ないとしてこのような調整になりました。


4.キュウコン

実数値:161(100)-x-110(116)-106(36)-121(4)-167(252)
性格:臆病
特性:日照り
持ち物:食べ残し
技構成:火炎放射 イカサマ 催眠術 身代わり

キュウコンは単体で運用することも多いと考え居座りを前提とする型にしました。

ただ、催眠術を起点にオムスターやフシギバナの起点を作れる可能性もあると思い採用。

いろいろ中途半端な型ではあるが、ほとんど警戒されないこともありむしろ動きやすかった。


5.リザードン

実数値:175(172)-x-116(140)-166(172)-106(4)-123(20)
メガ後:175-x-116-221-136-123
性格:控え目
特性:猛火→日照り
持ち物:リザナイトY
技構成:オーバーヒート 火炎放射 気合玉 竜の波動

リザードンの調整ははるかわさんのブログを参考にした。

アーゴヨンというポケモンがやけに刺さってしまう印象があったので竜波動を採用しようと思ったところ丁度調整記事が見つかったので有難く参考にさせてもらった。

晴らすことと単体で戦うことの両方を求めている。


6.フシギバナ

実数値:155-x-104(4)-167(252)-120-132(252)
性格:控え目
特性:葉緑素
持ち物:ドクZ
技構成:ヘドロ爆弾 ソーラービーム めざパ炎 成長

普通の葉緑素バナ。案外知られていないのか読まれない。

露骨に雨+晴れにしているせいか、逆に晴れバナだと思われず逆張りされていたのかもしれない。

雨を警戒してナットレイが出てきてくれればめざ炎で返り討ちにできるので非常に良い。


以上の6体で対戦に臨んだが、結果は3勝3敗と微妙な結果に終わった。

個々のポケモンの単体性能は高いが、構築としての完成度が低すぎたためそのポテンシャルを発揮させてあげることができなかった。

これはひとえに自分の実力不足である。

ただ、対戦自体は選出段階から頭をひねることが多く、(相手は顔が歪んでいたが)楽しむことでできた。

最後に、対戦してくださったみなさん対戦ありがとうございました。

そして、運営の方はお疲れ様でした。

毎度のことながら、育成を手伝って(孵化から全部やって)くれた楓塔也さんありがとうございました


それでは、あでゅー

TFリーグの開催(案)を告知したので考察を始める

未分類
12 /27 2017
こんばんは、へちまです。

先ほどTFリーグの開催告知っぽいものをさせていただいたので簡単に考察をしていきたいと思います。

告知記事はこちら

http://ch.nicovideo.jp/pokehetimaxyz/blomaga/ar1388839#-

1.かつてTFリーグを席巻したポケモンたち

n37.gifn114.gif

やはり天候はどの時代も強いということでTFの代表構築の1つともいえる「ロコモン」

葉緑素晴れモンジャラの持ち物はBW2時代であればジュエルが主流てあったが、XYになり命の珠や変な半減実を持った個体もいた?気がする。
今作はZ技をどう使うかもカギになりそう?

n660.gifn184.gif

いわゆる「ホルマリン」構築。力持ちで相手をぶん殴ることが出来る単純に強いポケモン。他にチャーレムなどもいる。

この構築の怖いとこはやはりモンジャラを警戒した草食マリルリがそれなりに活躍できるとこだろう。

n302.gif

これもTFの代表的なポケモン。悪戯心を駆使して相手を翻弄する。その他イルミーゼやチョロネコがいる。

当然持ち物は「光の粉」であるが、今作は悪戯心が悪タイプに通らなくなったが、おそらく使用者はそんなこと気にしないだろう。

n235.gifn132.gifn441.gif

いやらしいポケモン三銃士と言ってもいいポケモンたち。

ドーブルに至ってはもうなにをしてくるかわからない。発想力が勝負の分け目といってもいい。

ペラップはおしゃべりしてるだけで勝てる試合もあったが(人による)、混乱の自傷率が下がった今活躍はできるのか?

n215.gif
高速アタッカー枠はやはりいるだけで存在感がある。ニューラはねこのて要因としても使われたりするのでかなり厄介な印象だが、今作ではどのような立ち位置になるのか楽しみである。


2.悲しみを背負ったポケモン


n277.gif


オオスバメは普通のポケモンをやっている人には根性物理型の印象しかないだろうが、TFではバクオンパァで一世を風靡した。

が!なんとせっかく特攻種族値が上がり爆音波の火力が上がったのにTFリーグに出場することがそもそもできなくなってしまった。

n105.gif

これは私が使ったポケモンであるが、どのようにして悲しみを背負ったのか正直覚えていない。ヘイテンガラガラァァwwwwww

n195.gif

(´っヮс)ナツマクラアアアアアwwwwwwwwww 

TFリーグ第3シーズンで私へちまが使った「貯水」ヌオーが78ターンの激闘の末PP切れで無残に散ったところから始まった。

このシーズン私が見た限りヌオーをPTに入れた人で勝った人を見たことがなかった。そのほとんどが急所で飛んで行った。

最終的に「清めのお札」を持ったヌオーを入れたPTが勝利をつかんで浄化されたらしい?


3.今シーズンで注目のポケモン

n279.gifn37a.gif

ペリッパーは雨を降らすことでロコモンを誤魔化せる上に暴風の通りがそれなりによさそうなのでかなり強いポケモンに分類されるであろう。種族値も440と申し分ない。

Aロコンは天候変化だけでいえばユキカブリに劣るが、オーロラベールを貼れる点で差別化を図れるだろう。ただ、霰を利用したパーティーはサンドパンが使えないだけに組みづらそう。


n264.gif

神速が無限に配られてしまっていよいよ神になるのか?ノーマルZで腹太鼓とウルトラダッシュアタックを使い分けされるだけでも厄介な存在になりそう。

n133.gif

ナインエボルなんちゃらはレートではなかなか決まらないが、この環境なら決まる可能性が???

バトンはTFでもメジャーな戦術なので使いどころが難しいが、適応力で殴りにいくだけで強い可能性がある???

n105a.gif

普通に強いのは言わずもがなだが、トリルにするにも追い風するにも微妙?ASかHAか型が読みづらいポケモンであり対策は必須か??

n53a.gifn771.gif


火力の高そうなポケモンばかりあげてきたが、ファーコートという強特性をもったペルシアンや単純に耐久値の高いナマコブシも崩すのが難しくなりそう。TF環境では挑発もちはほぼ100%構築に組み込まれているので活躍できるかは使用者次第?

n746f.gifn774f.gif

オーバーエイジ枠みたいなやつら。特性のおかげで一時的に種族値が445を超えてしまうが、今のところ参加容認意見が多いのでおそらく参加可能ポケモンとなるだろう。

こいつらも対策必須か???


以上簡単な考察でした

新たな可能性を探るポケモンの考察

未分類
11 /14 2017
こんばんは。へちまです。

ウルトラサンムーンに向けてポケモンモチベを高めるために使えそうなポケモンを考える記事です。

今回はツイッターで募集した可能性あるポケモンたちを書いていきたいと思います。


まず1匹目はマユルド

n268.gif


種族値は50-35-55-25-25-15とかなり防御の数値が高いことがわかります。

相手がまずマユルドを見て思うことは輝石鉄壁マユルドでしょう。

私もまず間違いなくそう思います。

しかし、よくよく考えると毒毒などの削り技を覚えないことに気付きます。

そこで次に考え付くのが、糸を吐くやエレキネットによるS操作だと思います。

しかし、これもすぐに相手に読まれてしまう可能性が高いです。

そこで私が考えたのが、自慢の耐久力に火力が備われば強いのではないかということです。

そこでこのような型に落ち着きました。

勇敢HA振り

技構成は「毒針 虫食い エレキネット 鉄壁」持ち物はドクZです。

ちなみにこの技意外に覚える技は「体当たり 糸を吐く いびき かたくなる」のみです。

かなり技構成には悩みましたが、これ以外にありえないという結論に達しました。

今回ドクZ毒針(威力100)を主力技に選びましたが、なんとこのポケモン虫単タイプなのでタイプ不一致です。

威力はどの程度かというと

攻: マユルド Lv.50
防: カプ・テテフ Lv.50
ダメージ: 78〜92
割合: 53.7%〜63.4%

なんとAが2段階上昇すればカプ・テテフを倒せます。

ちょっとわくわくしてきませんか?

これにてマユルドの考察を終わります。ぜひトリルエースに使ってみてはいかがでしょうか。


(参考)
冷静C振りZエレキネットでH4振りギャラドスに63.1%〜74.8%のダメージを与えられます。



続きまして、ヨワシです。

n746.gifn746f.gif


こちらも種族値は45-20-20-25-25-40とややもの足りない気がしますが、蒸れた姿になると45-140-130-140-135-30と焼き魚のような種族値になります。

トリルアタッカーや木の実の回復による魚群復活などの一般的な型がおそらく強い。

ただ、せっかくなので耐久方面に伸ばした場合を考える。HBの耐久指数はMax30,400(HBの実数値の掛け算)

スイクンが37,881カプレヒレが32,391シャワーズがMax29,151なのでやや物足りない。

HDは31,160となり、ミロカロスが39,188カプレヒレが35,400とこちらも物足りない。

つまりそれなりの耐久とそれなりの火力をうまいこと両立させることが大事。

幸いにそれなりの耐久を強化できる技がある。

「涙目」このポケモンとウソッキー系統しか覚えない面白い技で、相手の攻撃と特攻を1段階下げる技である。

とりあえずH244B20振ればA補正ありミミッキュの威力190妖Z+影うちをなんとか耐えるので(剣舞から入られたら無理)このラインを確定とする。

同じようにDに20振ると無補正カプコケコの珠10万ボルトが82.7~98.0%と確定耐えになるので残りをCに回す。

正直耐えたところでなんの意味もない気がするが気持ち的な問題である。

そして技構成は「熱湯 眠る 寝言 涙目」技の並びが弱そうだがヨワシだし弱くても良し。


そして3体目はドゴーム

n294.gif


種族値は84-71-43-71-43-48と進化後のバクオング104-91-63-91-73-68をそのまんま小さくした種族値である。

バクオングが騒音ポケモンに対して、ドゴームは大声ポケモンということで声も小さい。

正直可能性は0に等しいが、どうせならとダメージ計算をしてみた。

このポケモンの特性である「防音」を活かし、音ポケモン代表であるアシレーヌ(H振りのみを想定)にZ雷パンチを放り込んだ。

攻: ドゴーム Lv.50
防: アシレーヌ Lv.50
ダメージ: 152〜180
割合: 81.2%〜96.2%

う~んこの・・・

10万ボルトや雷を覚えないのでソーラービームでもダメージ計算をしてみた。

攻: ドゴーム Lv.50
防: アシレーヌ Lv.50
ダメージ: 142〜168
割合: 75.9%〜89.8%

そらそうよ・・・

というわけでこのポケモンはただうるさいだけという結論に至った。


その他バネブー、キュワワー、ウデッポウ、アマルルガ、トルネロスの依頼を受けているので明日以降また考えたいと思います。

またよろしくお願いいたします。

では本日のところは失礼します。

あでゅー

【全国ダブル】ムラムラ顔面ベトベト猿【第16回あいオフ使用構築】

未分類
10 /08 2017
こんばんは、へちまです。

先日のげべれけの時と違ってしおらしい?テンションで描いていきます。

今回は先日名古屋で行われた第16回あいオフのオフレポを書いていきたいと思います。

主催は阪神小僧のしゃなぽけさん。中日ファンの私は地元にもかかわらずアウェーを感じざるを得ない。

だって弱いからね。

当日は試合開始ギリギリに行ったので、午前に行われていたラブライブかなんかの上映会は行ってません。

ダブルのオフの参加は今回が2回目(前回もあいオフ)でちょっと緊張してました。

ざっと見渡すと老人(失礼)とジュニアの選手とが入り混じっていて年齢層が幅広いなと感じました。

今回自分が使用した構築は、ダブルにあまり慣れてない自分が頭を使わなくてもいいような構築にしました。

というわけでこちらです。

アイオフ とれか

画像サイズ小さくてごめんなさい。

知ってる人が見れば「あ^~」ってなる構築ですね。

知らない人がみれば「あ~!」ってなります。


といわけで軽い構成だけ書いておきます。

自分もそのうち忘れそうなので。。。


1.ラティオス

実数値:155-x-101-182-130-162
性格:臆病
特性:浮遊
持ち物:拘り眼鏡
技構成:流星群 サイキネ 冷ビ 10万

入れといたら壁かなんかに見えないかなあと思って適当に入れました。

眼鏡ラティのサイキネ2発でメガバクーダ落としきれなくて普通に負けた。


2.オニゴーリ

実数値:155-132-100-x-101-145
性格:陽気
特性:ムラっけ
持ち物:拘りスカーフ
技構成:大爆発 絶対零度 すり替え 金縛り

今回の構築でとりあえず出さないと始まらないポケモン「顔面」

すりかえして大爆発できれば言うことなしだが、ほとんどが初手から爆発四散した。

試運転の時にアイスボディだったことにいち早く気づけたのが昔と比べて成長したなと感じた。


3.ベトベトン

実数値:209-126-126-x-135-71
性格:腕白
特性:科学の力
持ち物:黒いヘドロ
技構成:叩き落とす どくどく 身代わり 守る

コンセプトはオニゴーリで大爆発をして科学の力でベトベトンがムラっけを引き継ぐというもの。

初手でオニゴーリベトンで出すことがほとんどであった。

すごいいろいろと耐久調整を考えた(努力値はH228A4B156D116S4)が、どのような調整だったかは今となっては思い出せない。

うまくはまればこのベトベトン要塞と化す。

どくどくと毒突きはどちらもいいところがあり採用に迷う。相手次第。


4.ナゲツケサル

実数値:193-140-133-x-80-136
性格:陽気
特性:レシーバー
持ち物:食べ残し
技構成:岩雪崩 地球投げ 身代わり 守る

やりたいことはベトベトンと同じ。

オニゴーリ爆発→ベトベトン科学のムラッケ→サルのレシーブムラッケ最強かよ!!!

という雑な発想で組み始めたので2体とも入った。

どちらの特性も倒れないと発動しないので、下手すると特性のないポケモンが2体並ぶという壊滅的な状況になってしまう。


5.カプ・コケコ

実数値:145-121-106-147-95-200
性格:臆病
特性:エレキメイカー
持ち物:電気Z
技構成:10万 とんぼ返り リフレク 光の壁

ベトンを要塞にするために壁を貼りたくて仕方がなかったので採用した。

地面技の一貫性がすさまじくなったがそういうこともあるので仕方がない。


6.メガガルーラ

実数値:181-147-100-x-100-156
メガ後:181-177-120-x-120-167
性格:陽気
特性:肝っ玉→親子愛
持ち物:ガルーラナイト
技構成:猫だまし 秘密の力 岩石封じ 炎パン

ダブルならとりあえず猫ほしいってなった採用した。

最近岩封持ちのガルーラ多いらしいので便乗して採用した。

相手の敷いたグラスフィールド下で秘密打ったら相手のポケモンが寝た時はニヤっとした。

正直ラティとガルはムラムラできない時に出すポケモンなのでほとんど出さなかった。


対戦をした所感としては、トリル下で素早さが上がったり、ペリグドラ相手にBが上がったり、命中が下がって技外したりするのですごい難しかった。

ジュニアの子との対戦ではムラっけは運だから笑って言われて「必中技のスマートホーン」をぶちこまれてぼこぼこのぼこにされた。 

そんなこんなで結果は2勝5敗で8人ブロックの同率5位(2-5で4竦み最下位争い)

5連敗からの2連勝でよく持ち直したと思います。

ダブルはいろんなことが出来て楽しいなあって思うんでまたいろいろ考えて参加したいと思います。

お疲れ様でした。

@へちま

FC2ブログへようこそ!